もじゃ虫パペット作り

さてさて、あっという間に2月も半ばですね。

1月末から何日間かに分けて久しぶりにもじゃ虫パペット作りをしました。娘に自分用の「けっけ」(娘はもじゃ虫のことをこう呼ぶのです)が欲しいと昨年からお願いされていたのです。

娘が「いっしょにあそばなくていいからつくって!」と協力的で、おかげで昼間に堂々と作れました。どうやって作っているのか知りたいらしいのです。そして裁縫をしたがるので、傍らで針に糸を通す練習とか厚紙にパンチで穴を開けたものに毛糸を通す遊びとかをやってもらっていました。

IMG_7844

まず顔を作ります。昔作った私のもじゃ虫パペットが見守っています。というか、どうやって作ったっけな?とひっくり返して構造を確かめたりなんだりもんじゃり。

IMG_7846

次に顔と体毛をつなぎ合わせます。いや〜もじゃもじゃしてきましたね。

IMG_7848

目とまゆげをつけて乾かしたら完成!!け〜!!

IMG_7847

「けっけ♪けっけ〜♪」と自分用のもじゃ虫パペットに大喜びの娘。

自分で作っといてなんですが、やっぱりもじゃ虫ってかわいいな〜♪パペット作りは楽しいな〜♪

久しぶりにもじゃ虫パペット作りの機会をくれた娘に感謝!

作りたいパペットのイメージがわいてきたので、また順々にやっていきたいです。

広告

2015

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2014年は、なんだかいろいろなことが始まった年でした。

探検隊のメンバーで「青空自主保育 のびのび」を立ち上げたこと。ファミリー農園を借りて畑仕事を始めたこと。そうそう、けん玉と着物も始めました。

娘にいろいろなものを手作りしたり、いっしょにたくさん絵本を読んだり、いっしょに大きな絵を描いたり工作したり、子育て中心の日々を楽しみました。

夏休みには小学生向けワークショップの講師もしました。

引出しがもっさもっさと増えて、描きたいものも増えて、視野が広がったような一年でした。

そして迎えた2015年。

今年は、それらを形にする作業をしたいと思います。発表や仕事につながりますように☆

年賀状用に描き初めしました。
久しぶりにじっくり練って絵を完成できて楽しかった!

15hitsujinokiwordpress

えんどうじ けいこ

もぐ もぐ もぐ

なんとなく毎月末に更新していたのですが、間が空いてしまいました。 その間に、娘の七五三も無事終わり、3歳半になりました。会話も工作も楽しめるし、お手伝いもしてくれるし、0〜2歳に比べたら手がかからなくなってきました。IMG_6523-0

娘といっしょにクレヨンと絵の具で描いた大きな絵。私は「夕暮れの畑」、娘は「ふしぎ」というタイトルをつけました。 畑も夏野菜の片付けをして、小松菜と水菜と春菊とニンジンの種を蒔きました。 芋掘りもしました。たーんと獲れて嬉しかったです。

IMG_6854

いつも水やりの時に使う用水路にもぐら道が!だいぶボロボロになった手作りのもぐらのぬいぐるみで再現ごっこ。本物に会いたいな。子供の頃、田んぼのあぜ道で一瞬だけ見たことあるけど。

IMG_7194
自主保育も軌道に乗り、参加したお母さん方からも嬉しい感想をもらえて、いい場所作りのきっかけになれたようで嬉しいです。私ひとりではできなかったことなので、いっしょに世話役をしてくれている母たちに感謝です。娘だけじゃなく他の子の成長をいっしょに見守ることができて楽しいです。写真はフユイチゴを採って食べる子どもたち。甘酸っぱくて美味しかった!

バリバリ制作はしていないけれど、娘といろいろな楽しさを吸収する日々です。

福島で過ごす夏

早いもので9月も半ば。朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。

8月は祖母の新盆と一回忌の法要のため二度、実家へ帰省しました。2014年8月12日〜8月16日、8月28日〜9月1日、合わせて10日間の滞在でした。今年新築した友人宅にも遊びに行きましたが、ご近所も建て替えた家が多く、昨年訪れた時より震災の爪痕は薄れて来たように感じました。とは言え、友人から公園の敷地内にできた仮設住宅が大雨で大変だった話などを聞いたり、まだまだ大変な思いをされている方も多くいるのだなと感じました。

 

IMG_5811

駅前広場にウルトラマンの故郷「M78星雲 光の国」と姉妹都市を結んだ証にウルトラマンの像が立っていました。地元、須賀川は円谷プロダクション創設者円谷英二の故郷なのです。気に入ってポーズをまねっこする娘。近所の公園は帰りの時間になると「帰ってきたウルトラマン」の歌が流れていました。

 

IMG_5812

8/15 11:00頃 駅前広場リアルタイム線量測定システム付近/0.148μSv。
前回帰省した昨年10月が0.183μSvだったので、少し下がっていました。近所の公園もギリギリ0.23μSv以下に下がったので、短時間だけ娘を遊ばせました。事前に苔や落ち葉や砂はなるべく触らないよう話して、帰ったら手洗いうがいをしっかりさせました。気にはするけれど、あまり神経質にならないよう対策をして過ごさせようと心がけました。

 

IMG_5860

祖母の新盆だったので、畑で採れた野菜で精霊馬を作って飾りました。台風の影響で小さなキュウリと加茂ナスになっちゃったけれど、ばあちゃん喜んで乗ってくれたかな。「こだウマやらベゴだの乗れねぇ」 って笑ってくれたかな。

 

IMG_5976

IMG_5975

IMG_5974

折り込みの求人広告を眺めていたら、この日は3件の除染作業員募集広告が掲載されていました。以前観た原発作業員に関するドキュメント番組で、除染作業員のほうが給料がいいからそっちへ流れる人が多く原発作業員の数が足りなくなるのではというような内容がやっていました。すでに熟練の作業員の中には被爆線量の上限に達している方もいるらしく、除染作業員より原発作業員の給料や待遇をもっと改善していかないと、廃炉に向けて将来的に人員確保が厳しくなるのではないかと現時点で危惧されているようです。除染は国の直轄だから高い給料が保証されているけれど、原発はあくまで民間会社である東電の管轄なので、元請→子請→孫請とどんどん給料が引かれて安くなってしまうらしいです。

除染も全てが無駄とは思わないけれど、森林の除染が不可能な以上、家屋周辺などを限定的に除染して高線量の地域に住むのを奨励することと除染をせずに移住支援をすること、どちらがいいのでしょうか。難しい問題だし、個々人の事情もあるのでどちらがいいとは一概に言えませんが、知ることと考えることは止めずに関心を持ち続けたいと思いました。

 

IMG_5553

そうそう、けん玉を始めました。納涼祭で上手な小学生を見て憧れて。児童館、学童時代はいっしょに練習する暇なかったけれど、もしかめを一曲全部できていたあの子たちすごいなーと改めて尊敬。まだまだへたっぴだけれど、カチッカチッと皿に乗った時の気持ち良さったら!日々の息抜きにコツコツ練習して楽しみたいです。

ボロボロのもぐら

梅雨も明け、7月も終わると、すっかり夏ですね。
あ〜暑い!畑の水やりもこまめに行かなきゃいけないし…せめてバーッと夕立ち来ないかしら。

去年の春に作ったモグラのぬいぐるみがボロボロになってしまいました。

20140802-174318-63798015.jpg

20140802-173917-63557864.jpg

娘が畑に連れて行ってミミズを食べさせようとしたり、土にもぐらせようとして泥んこになったり…健康ランド(洗濯機)の常連になっていたので仕方ありませんね。

20140802-173919-63559457.jpg

20140802-173921-63561193.jpg

家にあった羊毛とニードルで修繕しました。若干毛の色が違う&ちょっと平たくなったけど、復活!!

20140802-173922-63562450.jpg

もぐらは畑の収穫でも大活躍です!
きゅうりとミニトマトがたくさんできて嬉しいです。きゅうりは自家製味噌をつけて食べると最高に美味しい!ミニトマトはそのままぱくっ!

ファミリー農園で物々交換したり、ご近所さんにおすそわけして喜ばれたりも楽しいです。うちの畑のきゅうりを食べて、きゅうりが食べられるようになった子がいて嬉しかったな〜♪

そうそう、一年ぶりにワークショップをしました。
14/07/31 出張ワークショップの報告

8月も楽しい夏になりますように。

ぐんぐん

早いもので6月も終わり、一年の半分が過ぎましたね。

あっ!水無月食べるの忘れた!!

 

まあ、畑に夢中です。

畑に行った日は、畑ノートに記録をつけています。

最近、娘が畑に行きたがらないので、早朝に1人で行ったりもします。

これがまた静かで気持ちいい!

畑と電車と山と。

 

7時になるともう暑くなってくるので帰ります。

収穫した野菜たちが朝ご飯に。

畑は台所。

 

きゅうりはとにかくよくできる!

ズッキーニはなかなか大きくならない。

ミニトマトが色づくの楽しみ。

野菜はこども。

 

画像は畑ノートより。今日の収穫。

20140630-234046-85246259.jpg

にょき にょき

娘が3歳の誕生日を迎え、すっかり幼児の顔つきになってきました。たまに行く一時保育でも、泣かずに泥んこ遊びや水遊びをして楽しく過ごしているようです。おしゃれが好きで自分で洋服を選んで着るけれど、汚れるのを気にせず思いっきり遊べるところが娘の面白いところだなと思います。

夏休みワークショップの試作が完成!ダンボールを使った工作、好評で良かったです。小学1〜6年生まで何人くらい集まるかしら。高学年向けのワークショップはあまり経験がないので新鮮です。楽しみ。

探検隊改め「青空自主保育 のびのび」のブログを作成しました。オープンデーを開催したり、これからどういう風にやっていくのか課題も多いですが、今後の展開が楽しみです。親子で楽しくやっていきたいです。

畑仕事はまだまだですが、行く度に野菜たちの成長している姿を見れて嬉しいです。小松菜、春菊、水菜の間引き菜を収穫して、味噌汁に入れて食べていますが、柔らかくて美味しいです!無農薬なのでよく虫に食べられます。なので、虫に食べられる前に間引いてどんどん食べようと思います!!
写真は今日の間引き菜。 20140531-223937.jpg

はじまり はじまり

春なので、いろいろ始めてみました。

市民ファミリー農園で畑仕事。

毎週木曜日に(探検隊改め)野外自主保育「のびのび」の活動。

週一で娘の一時保育。その間、在宅でイラスト、編集などの仕事。

これだけでバタバタ…。
来月から始まる仕事もすでにふたつほどあるから、脳味噌の容量を空けないといけませんね。
娘の誕生日も素敵な日になるよう、いろいろ手配したり演出したりと忙しくなりそうです。

画像は、娘がぬいぐるみたちに折り紙のお布団をかけてあげたところです。ちゃんと敷布団も敷いてあるところがいいですね!

20140430-221959.jpg

3.11に描いた大きな絵

あれから3年。数日前からなんだか落ち着かない気持ちでした。 そして今日。娘と黙祷をし、東日本大震災追悼式のラジオを流しながらいっしょに大きな絵を描きました。壁に模造紙を貼って少しクレヨンで描いた後、絵の具で描きました。

14311ookinae

「えのぐたのしいね!」と言いながら筆や手を使ってどんどん描く娘。私もいっしょにどんどん描いていきました。
「あのね、あなたがお母ちゃんのお腹の中にいた時、大きな地震があったんだよ。すごく揺れてとっても怖かった。たくさんの人が亡くなってしまったの。」
「本当は福島のじいじばあばの所で産まれるはずだったんだけど、原発事故が起きて帰れなくなっちゃったの。東京で産まれたのよ。」
「今日で3年になるけど、こんなに元気で素敵な子に育ってくれてありがとう。大好きだよ。」
震災の時のことを娘に語り、「なんで?どうして?」に答えながらいっしょに描きました。

20140311-173140.jpg

完成!あの日お腹の中にいた娘は、2歳9ヶ月を過ぎ、一時間も飽きずに絵を描くほど成長しました。「いっしょに絵を描いてどうだった?」と娘に聞くと「うれしかった!」と答えてくれました。お母ちゃんも嬉しかったよ。ありがとう。

第三回みそフェス

2014年2月8日 『第三回みそフェス』が開催されました。

20140209-162922.jpg

前夜祭で軽く洗って水に浸しておいた大豆も当日の朝にはつるんと準備万端! 20140209-162937.jpg

親指と人差し指で軽くつぶせるくらいの柔らかさになるまで大鍋でことこと4時間程煮ます。お昼ご飯と娘の昼寝とおやつを経て再開!

20140215-075904.jpg
少し冷めたので再び大鍋を火にかけ、大豆が熱々になったら火を止めます。ここから娘がんばりました!すり鉢とすりこぎでひたすら大豆をつぶします。米こうじと塩をまぜておいて、つぶした大豆に加えます。

20140215-075914.jpg

種味噌と大豆の煮汁も加え、混ぜて丸めてみそ玉を作ります。たるにビニール袋を張ってアルコール消毒します。娘がみそ玉をたるに投げ入れて、私の拳で空気を抜いて、最後表面を慣らし塩をまぶして、ラップ。空気を抜いてビニール袋を紐で縛り完成!

20140215-074553.jpg

やはり3年目ともなると慣れてきて作業がスムーズですね。

1年目、娘0歳 寝てる間に作業。

2年目、娘1歳 すり潰す作業ちょっとだけお手伝い。

3年目、娘2歳 すり潰し〜完成まで。

娘はとにかくすべての作業をやりたがり、やり、こぼす!みそ玉作りではずっとこねこね小麦粉粘土遊びみたいになってたし…。でも、すり潰すのに力いるし疲れるのに弱音も吐かず、楽しいねと取り組む娘は素敵でした!来年はもう一回り大きい鉢を用意してあげよう。

娘の成長が嬉しい我が家の恒例行事。これからも続けていきたいです。